Book A Tour
{:ja}是非お問い合わせください!{:}{:en}Get In Touch With Us Today!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}












{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


{:ja}内覧予約{:}{:en}Book A Tour!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}











{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


コミュニティストーリー

創造と革新を促進するコワーキングスペース

現在、創造性と革新性が重視されていますが、コワーキングスペースはこれらのスキルを開花させるのに最適な環境であることが証明されています。

コワーキングスペースは、ますます柔軟性の高まる知的労働力のための創意工夫を育んでいます。ハーバード・ビジネス・レビュー誌の特集によると、コワーキングスペースは15世紀のフローレンスにあったルネッサンス期の「ボッテガ」を思い出させます。これらのフィレンツェのワークショップは、アーティスト、エンジニア、科学者が集まり、ひらめきや知識を共有する場でした。

このボッテガ・ルネッサンスは、アジアにおける柔軟なワークスペースの台頭に端的に示されていますが、これは急成長するスタートアップやフリーランスマーケットに関連しています。実際、SCMPは、この地域のコワーキングスペースの市場が世界の市場を上回っていると報告しています。アジア太平洋地域にある8,600のセンターの多くは、柔軟なオフィス環境を目指しています。

クリエーターのためのスペース

地域の柔軟性のあるワークスペースが急増している主な要因は、クリエイティブ産業の成長と、そのニーズに対応した施設の需要です。そのため、コワーキングスペースでは、単に机やテーブルを用意するだけでなく、様々なサービスを提供する必要性がありました。.

CNN トラベルによると、香港にあるフレキシブル・スペースは、さまざまなクリエイティブなニーズに対応できる宿泊可能な施設やダイナミックな会場を提供しているそうです。これらには、ポッドキャスト収録用のスタジオや、グリーンスクリーンルーム、さらには都市型のフィットネスセンターなども含まれています。主な理由として、アジアのソーシャルメディアの発展する中心地であることが挙げられます。香港を拠点とするデジタルマーケティングの専門家であるAyimaは、ソーシャルメディアの大企業のあるBaidu、Facebook、WeChatが集まる香港の状況を詳しく説明しています。これにより、欧米の国々が香港の市場に投資する際のアクセスが向上、またその逆も 可能となります。ソーシャルメディアの普及率は、2023年には64%になると予想されています。そのため、この街はソーシャルメディアの専門家の温床となっており、その多くはフリーランスで働いています。

同様に、ジャカルタや上海では、より多くのプロフェッショナルやスタートアップ企業が、コミュニティの構築に重点を置いたより良い作業環境のスペースにプレミアム費用を支払っています。メルボルンは現在、オーストラリアで最も多くのコワーキングスペースを持つ都市であり、同国の成長するハイテク産業の中心地となっています。その理由のひとつとして、当社がメルボルンのロケーションガイドで紹介しているように、「文化とコミュニティが融合した活気ある街」ということから、多くのコワーキングスペースはコミュニティの中心に位置しているということがあげられます。また、いくつかの主要産業で大規模な混乱が起きたことで、新興企業が活躍する機会が生まれましたが、これらの企業の多くは、より柔軟な環境を必要としています。

クリエイティブ産業やテクノロジー産業が本来持っている柔軟性が、彼らが活動する空間を形成し、それがアジア全体の成長のための新たな機会を開いています。

イノベーションの導入

先ほど申し上げたように、スタートアップ企業もこのコワーキングスペースへのシフトに大きく貢献しています。アジア各国の政府がスタートアップ企業の支援を積極的に行っていることから、これらのイノベーションセンターに対応できるスペースが急増しています。そのため、シングテルのように、成長に必要な革新的な文化を育むために、この変化を受け入れる企業も増えています

より大きな可能性、より大きな価値

優れたアイデアに価値がある時代に、コラボレーションスペースが復活しているのは当然のことです。コワーキングスペースはフレキシビリティとインタラクション  の可能性を促進します。何よりも、起業家やビジネスリーダーの強力なネットワークを育むことができる、「つながり」のためのスペースです。

より積極的なスペースプロバイダーによって示されるよう、この可能性は、提供されるサービスの周りにコミュニティをつくることによってその可能性を広げていくことができます。例えば、ネットワークイベント、トレーニングプログラム、ソーシャルイベントなどを提供し、8時から5時までのミーティングだけでなく、人と人とのつながりを大切にすることもできます。

実際、JustCoを使用すると、メンバーはアジア太平洋地域の40のセンターのどこででも作業できるようになり、柔軟性と接続性が向上します。アジアで唯一、複数の都市に展開しているコワーキングスペースプロバイダーであるJustCoは、今年中に日本をはじめとするアジア太平洋地域にも進出する予定です。

柔軟性のある職場は、現代のクリエーターやビジネスに必要な「スペース」を提供します。特に、これから労働力となる若い起業家には特に当てはまります。イノベーションが今日の経済成長をリードするにつれて、イノベーションを育む環境はさらに拡大します。

100000人のメンバーからなる多様なコミュニティに参加してみませんか?お気軽にお問い合わせください。

困難な時も一緒に。若い起業家たちが危機の際に回復力を維持するためのヒントを共有します

{:ja} (Clockwise from top-left): JustCo オーストラリアのローラ・ドーソン氏、Lucidの共同創業者:ハン・ジン氏、PopulixのCOO兼共同創業者:アイリーン・カムタウィジョウ氏、ニューカンパスの共同創業者兼CEO:ウィル・ファン氏、500 TukTuksのディレクター:パフラダ・サプラサート氏。  起業家というのは大変なもので、世界的な経済危機の中では、なおさら厳しいものでしょう。この数ヶ月間、多くの起業家、スタートアップ企業、大企業が、COVID-19の状況の中で、方向転換を行いながらも試練と戦ってきました。起業の道のりは、一人で歩くには困難な道ですが、起業家が集まり、課題を共有したり、アドバイスを求めたり、学びを共有したりする機会があれば、ビジネスの戦いの中で孤独を感じることは少なくなるでしょう。 刻々と変化するビジネス環境の中で、壁や障害に直面したとき、人はどのように対処するのでしょうか。JustCoの地域署名イベント「イン・コンバセーション・ウィズ・インスパイアリング・アントレプレナーズ」では、有名なForbes 30 Under30の起業家リストから4人の若い起業家とゲームチェンジャーと話をしました。JustCoのメンバーやパートナーとして、起業家としての道のりや、危機を乗り越えるためのリアルなケーススタディ、イノベーションへのアプローチなどを語り合いました。 挑戦することで、新たなチャンスが生まれる  危機は永遠に続くものではありません。一時的な状況で、起業家の回復力と「決して諦めない」精神を試すものでもあります。起業家にとって、災害や課題は変化と再生の機会であり、ビジネスの方向性を変えるだけでなく、解決策を示すための好機でもあります COVID-19はイノベーションの妨げになっているのか、それとも助けになっているのか?と質問をしたとき、ニューカンパスの共同設立者兼CEO、ウィルは、「変革のきっかけには、このような瞬間が大事だ」と答えました。今回のパンデミックで、我々は現在未開拓の新しい分野、つまりアービトラージ(裁定)が可能な分野に目を向けるようになりました。 イノベーションは小さな一歩から 今日、企業はイノベーションこそが成長と前進のための唯一の手段であると認識していますが、はたして、イノベーションとは一体何なのでしょうか? 「スタートアップでは、日々イノベーションを起こさなければ、消えてしまいます。日常的に何か新しいことにチャレンジしなければ、イノベーションを起こしていないことになり、会社を前進させることができません。これこそが、スタートアップ企業が生き残るために必要なことなのです」と、Lucidの共同創業者であるハン・ジンは強調しています。イノベーションは決して、大きな変化である必要はありません。誰かがチャンスを見つけて、それに反応することから始まります。最も重要なことは、センサーやモノのインターネットの世界に大きな影響を与えなければならないということです。センサーの世界とモノのインターネットに大きな影響を与える必要があるということが最も重要なことでしょう。難しいのは、それに気づかずに最初の一歩を踏み出してしまうことです。 「イノベーションの機会を見極めるためには、お客様の立場に立って考える必要があります。これは起業家としてのマインドセットです。常にイノベーションを起こすことで、私たちは改善し、成長し、前に進むことができるのです」と、PopulixのCOO兼共同創業者であるアイリーンは発言しました。 七転び八起き 起業家として成功するには、一朝一夕にはいかず、多くの時間と忍耐力、そして弾力性のある考え方が必要です。「起業は孤独な旅ですが、一人で歩む必要はありません。良いアドバイス、メンター、友人、家族に囲まれながら困難を乗り越えてください」と、ニューカンパス共同設立者兼CEOのウィルは言います。 チーム内の仲間意識や帰属意識を高めることで、孤独感を和らげることが重要です。全員が同じ目標や方向に向かって努力することで、この旅はより充実したものになります。 「自分を信じること。学び続けること。そして努力すること。 新しいスタートアップや起業家が成功するのを見るのは、私にとって非常にやりがいのあることで、これが私の原動力になっています」と500 TukTuksのディレクター、パフラダ・サプラサートは言います。 最後になりましたが、失敗を恐れてはいけません。本当の失敗とは、チャレンジを「やらない」ということです。起業とは、仕事を作るだけではなく、プロセスを作ることです。 風を操ることはできませんが、帆を張ることはできます。 あなたの仕事やビジネスをより良くしたいですか?こちらから無料トライアルにお申し込みいただき、アジア太平洋地域で成長を続けるコワーキング・コミュニティの一員として体験してください。 {:}{:en} (Clockwise from top-left): Laura Dawson from JustCo Australia, Han Jin, Co-founder of [...]...

Read More

5 surprising perks of hot-desking

Sheree McIntyre, Vice President and Head of JustCo Australia, highlights some of her favourite hot-desking perks and sheds light on the upside for businesses. People talk to each other Co-working spaces can be really social environments as well as spaces [...]...

Read More