Book A Tour
{:ja}是非お問い合わせください!{:}{:en}Get In Touch With Us Today!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}












{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


{:ja}内覧予約{:}{:en}Book A Tour!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}











{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


コミュニティストーリー

成長企業と老舗企業はオフィススペースの将来をどう見すえるのか

職場と仕事の世界はこれまでにないくらいの変化を遂げています。デジタル化やその他の新しいソリューションの力は、根本的な変化を遂げ未来の仕事の仕方についての議論の場を絶え間なく与えています。その上、COVID-19は私たちの想像を超えて、その変革を加速させました。今もなお柔軟性を高め、アジャイルな働き方を強化するための新しいアプローチが求められています。

これは世界中の企業に、「21世紀にふさわしい職場構造は何か」という大きな課題を投げかけます。

進化に不安を覚えるかもしれませんが、多くの組織はすでに加速している未来に向けて大きく前進しており、次の10年のワークプレイス変革に向けて着実にシフトしています。しかし、今はじっとしている場合ではありません。自分たちに適した職場構造を見極めるために、より大きな飛躍を遂げるための新しい方法を見つけなければなりません。適応性、機敏性、回復力を維持することが、生き残るための重要なポイントです。

次世代の労働力のロードマップを展開する 

この移行を促進するため、柔軟性のあるスペースは、もはやスタートアップ企業や中小企業の独占された領域ではないと考えられています。今は、大企業にとっても、将来のビジネスに欠かせない存在となっています。ある調査によると、過去2年間で、オーストラリアの組織の58%は、従来の賃貸オフィスの設置面積を縮小することをすでに計画していたそうです。さらに、その55%が柔軟なソリューションの導入を検討し、従来のオフィススペースをコワーキングオフィスやサービス付きのオフィスで補完することで、代替ワークスペースの概念を採用することを検討しました。オーストラリア以外でも、世界のコワーキングスペースの数は、2022年までに年率13%で増加すると予想されています。では、この変化する風景をローカルおよびグローバルに推進するものは何でしょうか。

訴訟と財務リスクの軽減

まず、このような進化を目の当たりにするのは当然のことです。コワーキングオフィスやサービス付きのオフィスは、柔軟性や最新の設備といったメリットを企業に提供するとともに、従来のオフィスにつきものの訴訟や財務上のリスクを軽減することができます。プライベートオフィスは、一般的に長期リースに縛られていましたが、JustCoのコワーキングスペースのようなアジャイルな不動産ソリューションは、比較的容易に急速な成長、縮小、およびワークスペースの再構築が比較的簡単に可能です。

現代のビジネスにおける不安定なサイクルを考慮して、カスタマイズされた柔軟で短期的なメンバーシッププランは、スペースの無駄や違約金、法的拘束力などを心配することなく、急に規模を拡大できたり、縮小したりすることができる自由と優位性を提供します。

設備投資と運営費の削減

コワーキングとサービス付きのオフィスは、オールインクルーシブのプロフェッショナルビジネスサービスと組み合わせて、すぐに使用可能な設備の整ったプライベートスイートとエンタープライズスイートを提供します。

すぐに入居できる家具付きのプライベート・スイートとエンタープライズ・スイートを提供し、包括的なプロフェッショナル・ビジネス・サービスを提供します。一方、通常のプライベートオフィススペースでは、高額な費用がかかる大規模な設備プロジェクトの必要性がしばしば求められます。コワーキングモデルでは、エンタプライズ企業や中小企業などは、資本支出(CAPEX)を最小限に抑え、営業支出(OPEX)を削減しながら、起業にとって第一に重要なポイントに集中することができます。

コラボレーション型とプライベート型のワークスペースの健全な組み合わせ

さらに、コワーキングやサービスオフィスでは、両方の長所を活かしたビジネスが可能です。高さのあるパーティションで区切られた会議室や電話ボックス、専用のスイートルームなどの十分な拡張スペースがあるため、企業はホットデスキングだけではなく、様々な活動を行うことができます。

その一方で、新世代の労働力のニーズが大きく変化していることも理解されています。過去の孤立した白い襟の従業員とは異なり、現代の従業員はコミュニティを求めています。同様に、企業もコラボレーション文化を確立することの利点をよりよく理解しています。

幸いなことに、コワーキングはコラボレーション、接続性のある交流の機会を提供し、従業員に帰属意識を与えます。これらのポジティブな点は、人々がネットワークの内外で人々とより深いつながりをつくるために集まり続けることを意味します。ある研究によると、企業文化は従業員のエンゲージメントとともに加速し、ポジティブな企業文化は人材を引き付け、維持するためのメカニズムとなることが示されています。

さらに、JustCoのようなコワーキングスペースは、ワーク・ライフ・インテグレーションを反映し、身体的なウェルネスをサポートするよう、つくられています。従業員は、快適な休憩スペースを利用して、オフィスの日常的な雰囲気から離れ、「スイッチオフ」することができます。同時に、ブレインストーミングの共有スペースとしても活用できます。ワークプレイスのデザインは、優秀な人材を獲得するための重要な要素となっています。セルラーオフィスやキュービクルオフィスではもはや過去のことです。

ワークプレイス・フレキシビリティは新しい常識

潜在的なメリットは明らかです。

今、世界は仕事の歴史の中で興味深い岐路に立たされています。プライベートオフィスは、もはや10年前と同じ意味を持ちません。変化に抵抗する組織は、レースで取り残されるだけです。あなたのワークスペースが明日の労働力のために、ニーズに合った装備がなされ、準備ができるよう、今こそ変化の波に乗る時です。

柔軟なワークスペース要件をサポートする方法については、お問い合わせください

あなたに最適なのはどちら?従来のオフィススペースvsコワーキングスペース

{:ja} この10年間で、職場の風景は劇的に変わりました。新しい技術やグローバル化が進み、より多くのビジネスが生まれ、職に就く機会も増えるにつれ、企業はより機敏で柔軟な労働力を求めて組織を再編しています。また、-進行中の新型コロナ感染によってさらに促進されています。 これは、従来のオフィススペースから柔軟なワークスペースへの移行に表れています。日本ではレンタルオフィスやテンポラリーオフィスとしても知られているコワーキングスペースは、ここ数年で勢いを増している新しいコンセプトです。 従来の賃貸オフィスにすべきか、それとも柔軟なオフィスにすべきか、というのは多くの企業が考える点です。これに対する答えは、オフィス環境に何を求めているかによって異なります。ここでは、日本の成長企業や大企業レベルの組織にとってのコワーキングのメリットをご紹介して行きます。 コワーキングスペースのメリット 1. コスト削減 すべての企業にとって、オフィスのリース料は間接費の中でも最も高額な要素の一つです。長期のオフィスリースをする際には、1〜3ヵ月分の礼金、または最大12ヵ月分の敷金を前払いする必要があるかもしれません。内装工事や適切なオフィスインフラに必要な金額に加えて、オフィスを設置するための総費用は、成長企業にとって大きな負担となります。実際、東京はオフィス開設費用が最も高い都市の一つとして挙げられています。 企業がオフィスを最大限に活用するために支出しなければならないお金の額は、すぐに圧倒的な経済的コミットメントになってしまいます。電気代、インターネット代や従業員の給料まで、運営費(OPEX)の総額はあっという間に膨らんでしまいます。 オフィス家具や通信費などの雑費を含めると、最終的に初期デポジットが50万円を上回る可能性があります。オフィススペースをフルに活用しようとすると、すぐに莫大な資金が必要になります。電気代、インターネット代などの光熱費の支払いから、従業員の給料など、運営費(OPEX)の総額はあっという間に膨らんでしまいます。 会社の予算を最大限に活用するために、費用対効果の高い戦略を探しているなら、柔軟なワークスペースがお勧めです。プリンターやコピー機などの共有設備を備えたデスクやオフィスを、どんな企業でも手ごろな価格で借りることができます。コワーキングスペースを選ぶ際には、会員が利用できるミーティングルームなどの設備を検討することもできます。また、JustCo Japanでは、会員向けの各種プロフェッショナルサービスもプランに含まれていますので、ぜひご利用ください。 会社を設立したばかりで、市場での地位を確立するためにはまだ時間がかかると思った場合、これが最適なソリューションとなるでしょう。 2. スペースの柔軟性 一般的なオフィス賃貸契約は、おおよそ2年から5年の契約となっていて、ビジネスの成長期には、新たな雇用者を受け入れるための十分なスペースの確保が必要です。実際、企業は1つの場所に一年ほど定住してから、規模を増すのが一般的です。しかし、成長に合わせて必要なオフィススペースを探すとなると、なかなか見つからないものです。特に、契約を破棄した際に発生する ペナルティ の料金に加えて、さらには改装プロジェクトに投入する必要のある追加費用がかかってしまいます。そのほか、会社の規模を縮小する場合も同様だといえるでしょう。 拡張や縮小の必要性が生じた場合、ニーズの変化に合わせてカスタマイズできるコワーキングスペースを選択することがより現実的な選択肢となります。コワーキングスペースは柔軟性があるので、規模が大きくなり、常に大きなチームのためのスペースを確保しなければならない企業にとっては魅力的です。長期の賃貸契約に縛られることなく、必要に応じて自由にスペースを拡張することができ、家賃や光熱費などの運用コストを削減することができます 3. 適応性 パンデミック(世界的大流行)の状況が日々変わる中、将来の不確かさが企業の頭を悩ませています。オフィススペースを縮小したり、より多くのリモートワーカーを雇用したりすることで、資本および営業の費用削減に各企業は取り組んでいます。昨年、東京のオフィス供給が史上2番目に高い水準に達しましたが、利用可能な資源をより効率的に使用するためにスペース規模を縮小し、従業員に柔軟性のある働き方を新しい規範として導入する可能性があるため、従来のオフィスリースは解約されると予想されています。 現在、予測不可能な要因による勤務体制への影響を最小限に抑えつつ、ビジネスの継続性を確保することがより重要になってきています。つまり、リモートワーカーが電話会議を超えてコラボレーションできる手段を提供することが重要だということです。東京のシェアオフィスでは、ホットデスク、会議室、プライベートオフィススタジオなど、生産性の高いコラボレーションスペースがレンタル可能です。便利な場所、虎ノ門にあるJustCo ジャパンでは、規模の大小に関わらず、新橋や六本木などの東京近郊に住む従業員のために、柔軟な勤務形態の導入を検討することができます。 東京ベストコワーキングスペースの探し方 従来のオフィスに取り組む前に、JustCoのオールインワンの施設管理がされた理想的なワーキングスペースを選んでみませんか?月額15,000円から始まる基本プランでは、ミーティングルームやビジネスグレード印刷・プリントサービス、ITサポートなど、充実したアメニティをご利用いただけます。スムーズな移行を実現するために、すぐに利用できるワークスペースを探してみてはいかがでしょうか。スムーズな移行を実現するために、すぐに利用できるワークスペースを探してみてはいかがでしょうか。 {:}{:en} The work landscape has changed dramatically over the last decade. As new technologies [...]...

Read More

2021年のワークスペーストレンドトップ5

今、私たちの仕事の仕方が世界中で変化をしています。パンデミックの間、リモートワークは多くの組織にとって一時的な標準になりましたが、多くの人がこの体制のメリットを認識しています。 残されるのは、自主的 に変化を受け入れるかどうかの選択です。...

Read More