Book A Tour
{:ja}是非お問い合わせください!{:}{:en}Get In Touch With Us Today!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}












{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


{:ja}内覧予約{:}{:en}Book A Tour!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}











{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


コミュニティストーリー

2021年のワークスペーストレンドトップ5

今、私たちの仕事の仕方が世界中で変化をしています。パンデミックの間、リモートワークは多くの組織にとって一時的な標準になりましたが、多くの人がこの体制のメリットを認識しています。

残されるのは、自主的に変化を受け入れるかどうかの選択です。

このトレンドの最前線であるJustCoは、企業のプライベートスイートやコワーキングスペースの拡大に成功しました。日本では、ホットデスクのようなフレキシブルなソリューションを求める問い合わせが増加しており、費用対効果の高い不動産ソリューション、「コア・アンド・フレックス」モデルを採用し、今の時代にふさわしいワークスペースのメリットを活用したい考えがうかがえます。営業経費の削減に加えて、働きたい場所を自由に選べる従業員の自主性と自律性を育みます。 たとえば東京では、マネージャーの監視なしで従業員が働く小さなコワーキングスペースのホットデスクが人気になっています。

従業員からはフレクシビリティが好まれていますが、雇用者が職場の変化を受け入れて初めて、この働き方が実現できます。立ちはだかる懸念を背景に、企業らは費用対効果のために戦略を立てる必要があります。2021年に予想されるトップのワークスペースのトレンドを詳細に調査しながら、近い将来に向けて、これがどのように展開していくのかを見ていきましょう。

1.どこからでも仕事ができる需要性の高まり

コーネットのグローバル調査によると、企業の不動産専門家の94%が自宅勤務やリモートワークの流行は続くだろうと回答しています。これは家庭を超えて、仕事がオフィスから離れて行われ続けることを示しています。来年だけでなく、その先も、このようなビジネスが展開されることになります。

企業は、「どこでも仕事ができる」新しい空間をサービスとして提供するSWITCHをはじめとする、シェアオフィススペースの利用を超えた「フレクシブル」ワークスペースで、どこでからでも勤務ができるという需要に応えることができます。近所のショッピングモールや商業ビルに設置されたこれらのブースは、集中して仕事ができる場所を提供しており、在宅勤務を選択されない、またはできない従業員にとって重要な存在です。

2.「コア」の縮小、「フレックス」需要の増加

「どこでも仕事ができる」ことは、柔軟性を好む従業員に優れたソリューションを提供する一方で、パンデミックの懸念の高まりにより、スケーラビリティを重視した事業戦略を補完するものでもあります。富士通を例に考えてみましょう。日本のIT企業は、2023年までにオフィススペースを50%削減し、リモートワークをサポートするためにフレキシブルなワークスペースを導入することを目指しています。今後も同じ戦略に踏み切る企業が増えることが予想されます。

さて、何が一番いいのでしょう?それは、異なる「フレックス」スペースの組み合わせです。サテライトオフィスからオンデマンドの会議室まで、そのリストは無限にあります。JustCoのオーストラリアのパートナーは、JustCoのプランが提供するフレクシビリティを活用しています – 会議室、イベントスペース、エンタープライズスイートは、日常業務、ミーティング、コラボレーション、チームボンディングのために、定期的にカジュアルにリースされています。

適正化することにより、企業はチームが成長しても、従来のオフィススペースの要件に対応するためのさらなる費用を必要としないため、より多くのリソースをビジネスのプロダクティビティに振り向けることができます。これは、不安定な経済状況の今だからこそ重要です。

3.「コア」は人間関係構築の場としての役割を強めるでしょう

これらの縮小された「コア」オフィスと呼ばれる本社らは、単なるワークスペースではなく、人間関係を構築するための手段となるでしょう。その役割は、従業員にとって有意義な経験を創造し、イノベーション、コラボレーション、同僚との間でより深いつながりを推進させ、より幸せで生産性の高い労働力を生み出すことにあります。リモートで働く人々は定期的にフレクシビリティを味わうと同時に、時々立ち寄ることで会社としての連帯感を強めることができます。

4. ソーシャルディスタンスに必要なスペースを増やす

パンデミックが徐々に落ち着いたとしても、ソーシャルディスタンスを保つなどの対策は予防策として残ることでしょう。オーストラリアでは、より多くの企業がコワーキングオフィスの広いスペースを利用して、同じ人数の従業員を収容し、安全な距離が保てるようにしています。このような柔軟性の高いオフィスは、従来的にオフィスの縮小を検討はしていないが、在宅勤務がなかなかできない従業員のための追加のスペースを必要としている組織に対しても、引き続き活用されることでしょう。

5. テクノロジーを取り入れた空間の普及が進む

スマートネーションの物語が世界中に広がるにつれ、ワークスペースには機能性を向上させる効果的なテクノロジーがますます採用されるようになってきています。例えば、ザ・センター・ポイントにあるJustCo初のスマートセンター では、本人の顔を認識する技術を用いることで、IDカードフリーアクセスを提供しており、従業員の入場時にフェイスマスクを着用していることを確認し、ワークスペースのセキュリティと安全性の両方を強化しています。これを補完するのが、アジア初のPropTech Innovation StudioであるREInvent社の空間分析技術「SixSense」で、リアルタイムで入場者数とそのソーシャルディスタンスのモニタリングをしています。1平方フィートあたりの詳細な分析は、オフィスのデザイン計画を改善するための空間的行動に関するJustCoの洞察を提供するだけでなく、適正化についてより良い意思決定を行う必要がある企業にとって有用な情報も提供します。SWITCH Enterpriseポータルを使用することで、雇用主は従業員の勤務先や、出勤時間、滞在期間やその他の関連データを確認し、より生産的な結果を得るために適切な規模に調整することが可能です。

ワークスペースの選択肢の拡大から、今の伝統的なオフィスの機能の進化、そしてより効果的な職場環境を作るためにテクノロジーが果たす役割まで、このトレンドは仕事の仕方の未来に容赦なく光を当てています。職場は、従業員のニーズや欲求と同様に急速に変化しています。

JustCoが運営する.BASEをFree Trialを活用して、是非ご体感ください

成長企業と老舗企業はオフィススペースの将来をどう見すえるのか

{:ja} 職場と仕事の世界はこれまでにないくらいの変化を遂げています。デジタル化やその他の新しいソリューションの力は、根本的な変化を遂げ未来の仕事の仕方についての議論の場を絶え間なく与えています。その上、COVID-19は私たちの想像を超えて、その変革を加速させました。今もなお柔軟性を高め、アジャイルな働き方を強化するための新しいアプローチが求められています。 これは世界中の企業に、「21世紀にふさわしい職場構造は何か」という大きな課題を投げかけます。 進化に不安を覚えるかもしれませんが、多くの組織はすでに加速している未来に向けて大きく前進しており、次の10年のワークプレイス変革に向けて着実にシフトしています。しかし、今はじっとしている場合ではありません。自分たちに適した職場構造を見極めるために、より大きな飛躍を遂げるための新しい方法を見つけなければなりません。適応性、機敏性、回復力を維持することが、生き残るための重要なポイントです。 次世代の労働力のロードマップを展開する  この移行を促進するため、柔軟性のあるスペースは、もはやスタートアップ企業や中小企業の独占された領域ではないと考えられています。今は、大企業にとっても、将来のビジネスに欠かせない存在となっています。ある調査によると、過去2年間で、オーストラリアの組織の58%は、従来の賃貸オフィスの設置面積を縮小することをすでに計画していたそうです。さらに、その55%が柔軟なソリューションの導入を検討し、従来のオフィススペースをコワーキングオフィスやサービス付きのオフィスで補完することで、代替ワークスペースの概念を採用することを検討しました。オーストラリア以外でも、世界のコワーキングスペースの数は、2022年までに年率13%で増加すると予想されています。では、この変化する風景をローカルおよびグローバルに推進するものは何でしょうか。 訴訟と財務リスクの軽減 まず、このような進化を目の当たりにするのは当然のことです。コワーキングオフィスやサービス付きのオフィスは、柔軟性や最新の設備といったメリットを企業に提供するとともに、従来のオフィスにつきものの訴訟や財務上のリスクを軽減することができます。プライベートオフィスは、一般的に長期リースに縛られていましたが、JustCoのコワーキングスペースのようなアジャイルな不動産ソリューションは、比較的容易に急速な成長、縮小、およびワークスペースの再構築が比較的簡単に可能です。 現代のビジネスにおける不安定なサイクルを考慮して、カスタマイズされた柔軟で短期的なメンバーシッププランは、スペースの無駄や違約金、法的拘束力などを心配することなく、急に規模を拡大できたり、縮小したりすることができる自由と優位性を提供します。 設備投資と運営費の削減 コワーキングとサービス付きのオフィスは、オールインクルーシブのプロフェッショナルビジネスサービスと組み合わせて、すぐに使用可能な設備の整ったプライベートスイートとエンタープライズスイートを提供します。 すぐに入居できる家具付きのプライベート・スイートとエンタープライズ・スイートを提供し、包括的なプロフェッショナル・ビジネス・サービスを提供します。一方、通常のプライベートオフィススペースでは、高額な費用がかかる大規模な設備プロジェクトの必要性がしばしば求められます。コワーキングモデルでは、エンタプライズ企業や中小企業などは、資本支出(CAPEX)を最小限に抑え、営業支出(OPEX)を削減しながら、起業にとって第一に重要なポイントに集中することができます。 コラボレーション型とプライベート型のワークスペースの健全な組み合わせ さらに、コワーキングやサービスオフィスでは、両方の長所を活かしたビジネスが可能です。高さのあるパーティションで区切られた会議室や電話ボックス、専用のスイートルームなどの十分な拡張スペースがあるため、企業はホットデスキングだけではなく、様々な活動を行うことができます。 その一方で、新世代の労働力のニーズが大きく変化していることも理解されています。過去の孤立した白い襟の従業員とは異なり、現代の従業員はコミュニティを求めています。同様に、企業もコラボレーション文化を確立することの利点をよりよく理解しています。 幸いなことに、コワーキングはコラボレーション、接続性のある交流の機会を提供し、従業員に帰属意識を与えます。これらのポジティブな点は、人々がネットワークの内外で人々とより深いつながりをつくるために集まり続けることを意味します。ある研究によると、企業文化は従業員のエンゲージメントとともに加速し、ポジティブな企業文化は人材を引き付け、維持するためのメカニズムとなることが示されています。 さらに、JustCoのようなコワーキングスペースは、ワーク・ライフ・インテグレーションを反映し、身体的なウェルネスをサポートするよう、つくられています。従業員は、快適な休憩スペースを利用して、オフィスの日常的な雰囲気から離れ、「スイッチオフ」することができます。同時に、ブレインストーミングの共有スペースとしても活用できます。ワークプレイスのデザインは、優秀な人材を獲得するための重要な要素となっています。セルラーオフィスやキュービクルオフィスではもはや過去のことです。 ワークプレイス・フレキシビリティは新しい常識 潜在的なメリットは明らかです。 今、世界は仕事の歴史の中で興味深い岐路に立たされています。プライベートオフィスは、もはや10年前と同じ意味を持ちません。変化に抵抗する組織は、レースで取り残されるだけです。あなたのワークスペースが明日の労働力のために、ニーズに合った装備がなされ、準備ができるよう、今こそ変化の波に乗る時です。 柔軟なワークスペース要件をサポートする方法については、お問い合わせください。 {:}{:en} The world of work is transforming in many unprecedented ways. Forces such as digitisation and other concerted new [...]...

Read More

シンガポールの大企業がコワーキングスペースを選ぶ理由

{:ja} 「世界コワーキング・グロス・スタディ」 では、2024年までに世界のコワーキングセンターの数が40,000を超えると記載されています。現在、アジア太平洋地域は世界で最もシェア・ワークスペースが多く、平均収容人数は114人となっています。コワーキング施設の運営者にとってはもちろん有望な統計データですが、注目すべきなのは、テナントらのプロフィールの変化です。スタートアップ、起業家、フリーランサーはともかく、企業が流行に乗るというケースも増えてきています。JustCoシンガポールでは、企業からの柔軟性のあるワークスペース・ソリューションへの問い合わせが大幅に増加し、現在では顧客数の50%以上を占めています。 その変化の理由とは? より費用対効果の高い不動産ソリューション パンデミックの影響で、不動産業界は新たな課題に直面しました。-ソーシャルディスタンスを保ちながら、オフィスで働く従業員のためのワークスペースを増やす必要がありました。チームを分割し、それに伴い、多くの社員が時々在宅勤務をしなければならなくなりました。その一方、従業員は次第にオフィスではなく別の場所で仕事をすることを好むようになってきました(これについては後述します)。 大規模でも従業員が少ないオフィスを持つ企業にとって、この状況は何を意味したのでしょうか。もちろん無駄な スペースが発生してしまいます。 このような状況が続くなか、成長するチームのための十分なスペースがない、といった大企業が常に直面している問題もありました。 オフィススペースを使用している企業は、長期のリース契約に縛られ、ダウンサイジングやアップグレードの際には追加料金が発生し、さらに多額の改装費がかかるため、必要なときにスケールアップできないのが現状です。 解決策:柔軟性のある費用対効果の高い不動産プラン-「コア&フレックス」モデルとも呼ばれています。 「コア&フレックス」とは、企業が長期的なオフィススペース(「コア」)と、別の場所にフレキシブルなワークスペース(「フレックス」)を確保するという考え方です。小さめのトラディショナルなオフィスやシェアオフィスを「本社」とすることで、「コア」としての役割を果たすことができます。コワーキングスペースのホットデスクや、共有エリアのプライベートキャビンをサテライトオフィスとして使えば、従業員がすぐに仕事に取り掛かることができる「フレックス」となり、全社の「コア」を補完できます。また、ミーティングルームや日常使用するオフィスアメニティから、厳選された幅広い専門的サービスなどのアメニティまで、コワーキングスペースが提供するので心配する必要がありません。 これにより、企業は大規模なオフィススペースにかかる費用を節約し、人材のニーズに合わせて不動産のサイズをより機動的に管理することができます。 プライバシーを守りつつ、ネットワーキングの機会が生まれる 従業員やマネージメントにとっても、マーケットの動向を把握するためにはネットワーキングが重要です。伝統的なオフィス環境では、同じ志を持つ 人とのつながりを築くことは難しいかもしれませんが、コワーキングスペースでは可能性が広がります。例えば、食堂などの共有スペースでの会話が、考えもしなかった深いビジネスパートナーシップにつながることもあるのです。 ホットデスクを利用する社員は、共有スペースでネットワーキングの機会を広げることができます。また、プライバシーが気になる場合は、共有スペース内にプライベートオフィスの設置をすることができます。 コワーキングプランにかかわらず、企業は業界関係者との定期的なネットワーキングセッションができるので、ブランドの露出度を高め、潜在的なリードを獲得しやすくなります。 従業員のモラルと生産性を向上 コロナ禍、シンガポールの人々は在宅勤務の制度に徐々に応じる姿が見られましたが、一部の人々には問題が生じました。その結果、シンガポール人の85%が勤務地を選ぶ際に何らかの柔軟性を求めていたことがわかり、現地の好みの変化を明らかにしました。 働きたい場所で働けるという選択肢があれば、従業員のモラルが保たれ、それが生産性の向上につながります。オフィスが忙しすぎる場合は、都市部や近隣のどこかに柔軟性のある安全なワークスペースがあることで、安心して仕事をこなすことができます。例えば、子供を学校に迎えに行く必要のある保護者などは、近くにホットデスクがあれば、通勤時間を大幅に短縮ですることができます。また、自宅で仕事をしていても、なかなか集中ができない、またはリフレッシュしたい場合は、コワーキングスペースですぐにでも作業に取り組めるデスクがあると問題が解決することでしょう。これらはすべて、24時間365日のアクセスとセキュリティを備えているので、他の場所で仕事をしようなんて考える必要はありません。 また、コワーキング環境は、オフィスで無意識に陥ってしまう集団思考から離れ、クリエイティブでコラボレーティブなワークスペースを社員に提供します。 オフィスでは無意識にとってしまう集団思考とは違ったところから、創造性のあふれる、なおかつ協力できる環境ををコワーキングスペースは提供します。既成概念にとらわれないアイデアを出し合い、仕事の質を高めることで、最終的には組織に利益をもたらすことができます。 コワーキングスペースは年々進化しています。現在は中小企業のワークスペースとしてだけではなく、エンタプライズレベルの組織にとっては、オフィスや労働力をよりよく管理するための実用的なソリューションとなっています。未来の仕事の仕方といえば、まさに、これです。 {:}{:en} The Global Coworking Growth Study reported that the number of coworking centres worldwide is expected to surpass [...]...

Read More