コミュニティストーリー

2021年のワークスペーストレンドトップ5

今、私たちの仕事の仕方が世界中で変化をしています。パンデミックの間、リモートワークは多くの組織にとって一時的な標準になりましたが、多くの人がこの体制のメリットを認識しています。

残されるのは、自主的に変化を受け入れるかどうかの選択です。

このトレンドの最前線であるJustCoは、企業のプライベートスイートやコワーキングスペースの拡大に成功しました。日本では、ホットデスクのようなフレキシブルなソリューションを求める問い合わせが増加しており、費用対効果の高い不動産ソリューション、「コア・アンド・フレックス」モデルを採用し、今の時代にふさわしいワークスペースのメリットを活用したい考えがうかがえます。営業経費の削減に加えて、働きたい場所を自由に選べる従業員の自主性と自律性を育みます。 たとえば東京では、マネージャーの監視なしで従業員が働く小さなコワーキングスペースのホットデスクが人気になっています。

従業員からはフレクシビリティが好まれていますが、雇用者が職場の変化を受け入れて初めて、この働き方が実現できます。立ちはだかる懸念を背景に、企業らは費用対効果のために戦略を立てる必要があります。2021年に予想されるトップのワークスペースのトレンドを詳細に調査しながら、近い将来に向けて、これがどのように展開していくのかを見ていきましょう。

1.どこからでも仕事ができる需要性の高まり

コーネットのグローバル調査によると、企業の不動産専門家の94%が自宅勤務やリモートワークの流行は続くだろうと回答しています。これは家庭を超えて、仕事がオフィスから離れて行われ続けることを示しています。来年だけでなく、その先も、このようなビジネスが展開されることになります。

企業は、「どこでも仕事ができる」新しい空間をサービスとして提供するSWITCHをはじめとする、シェアオフィススペースの利用を超えた「フレクシブル」ワークスペースで、どこでからでも勤務ができるという需要に応えることができます。近所のショッピングモールや商業ビルに設置されたこれらのブースは、集中して仕事ができる場所を提供しており、在宅勤務を選択されない、またはできない従業員にとって重要な存在です。

2.「コア」の縮小、「フレックス」需要の増加

「どこでも仕事ができる」ことは、柔軟性を好む従業員に優れたソリューションを提供する一方で、パンデミックの懸念の高まりにより、スケーラビリティを重視した事業戦略を補完するものでもあります。富士通を例に考えてみましょう。日本のIT企業は、2023年までにオフィススペースを50%削減し、リモートワークをサポートするためにフレキシブルなワークスペースを導入することを目指しています。今後も同じ戦略に踏み切る企業が増えることが予想されます。

さて、何が一番いいのでしょう?それは、異なる「フレックス」スペースの組み合わせです。サテライトオフィスからオンデマンドの会議室まで、そのリストは無限にあります。JustCoのオーストラリアのパートナーは、JustCoのプランが提供するフレクシビリティを活用しています – 会議室、イベントスペース、エンタープライズスイートは、日常業務、ミーティング、コラボレーション、チームボンディングのために、定期的にカジュアルにリースされています。

適正化することにより、企業はチームが成長しても、従来のオフィススペースの要件に対応するためのさらなる費用を必要としないため、より多くのリソースをビジネスのプロダクティビティに振り向けることができます。これは、不安定な経済状況の今だからこそ重要です。

3.「コア」は人間関係構築の場としての役割を強めるでしょう

これらの縮小された「コア」オフィスと呼ばれる本社らは、単なるワークスペースではなく、人間関係を構築するための手段となるでしょう。その役割は、従業員にとって有意義な経験を創造し、イノベーション、コラボレーション、同僚との間でより深いつながりを推進させ、より幸せで生産性の高い労働力を生み出すことにあります。リモートで働く人々は定期的にフレクシビリティを味わうと同時に、時々立ち寄ることで会社としての連帯感を強めることができます。

4. ソーシャルディスタンスに必要なスペースを増やす

パンデミックが徐々に落ち着いたとしても、ソーシャルディスタンスを保つなどの対策は予防策として残ることでしょう。オーストラリアでは、より多くの企業がコワーキングオフィスの広いスペースを利用して、同じ人数の従業員を収容し、安全な距離が保てるようにしています。このような柔軟性の高いオフィスは、従来的にオフィスの縮小を検討はしていないが、在宅勤務がなかなかできない従業員のための追加のスペースを必要としている組織に対しても、引き続き活用されることでしょう。

5. テクノロジーを取り入れた空間の普及が進む

スマートネーションの物語が世界中に広がるにつれ、ワークスペースには機能性を向上させる効果的なテクノロジーがますます採用されるようになってきています。例えば、ザ・センター・ポイントにあるJustCo初のスマートセンター では、本人の顔を認識する技術を用いることで、IDカードフリーアクセスを提供しており、従業員の入場時にフェイスマスクを着用していることを確認し、ワークスペースのセキュリティと安全性の両方を強化しています。これを補完するのが、アジア初のPropTech Innovation StudioであるREInvent社の空間分析技術「SixSense」で、リアルタイムで入場者数とそのソーシャルディスタンスのモニタリングをしています。1平方フィートあたりの詳細な分析は、オフィスのデザイン計画を改善するための空間的行動に関するJustCoの洞察を提供するだけでなく、適正化についてより良い意思決定を行う必要がある企業にとって有用な情報も提供します。SWITCH Enterpriseポータルを使用することで、雇用主は従業員の勤務先や、出勤時間、滞在期間やその他の関連データを確認し、より生産的な結果を得るために適切な規模に調整することが可能です。

ワークスペースの選択肢の拡大から、今の伝統的なオフィスの機能の進化、そしてより効果的な職場環境を作るためにテクノロジーが果たす役割まで、このトレンドは仕事の仕方の未来に容赦なく光を当てています。職場は、従業員のニーズや欲求と同様に急速に変化しています。

JustCoが運営する.BASEをFree Trialを活用して、是非ご体感ください