Book A Tour
{:ja}是非お問い合わせください!{:}{:en}Get In Touch With Us Today!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}












{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


{:ja}内覧予約{:}{:en}Book A Tour!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}











{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


コミュニティストーリー

シンガポールの大企業がコワーキングスペースを選ぶ理由

世界コワーキング・グロス・スタディ」 では、2024年までに世界のコワーキングセンターの数が40,000を超えると記載されています。現在、アジア太平洋地域は世界で最もシェア・ワークスペースが多く、平均収容人数は114人となっています。コワーキング施設の運営者にとってはもちろん有望な統計データですが、注目すべきなのは、テナントらのプロフィールの変化です。スタートアップ、起業家、フリーランサーはともかく、企業が流行に乗るというケースも増えてきています。JustCoシンガポールでは、企業からの柔軟性のあるワークスペース・ソリューションへの問い合わせが大幅に増加し、現在では顧客数の50%以上を占めています。

その変化の理由とは?

より費用対効果の高い不動産ソリューション

パンデミックの影響で、不動産業界は新たな課題に直面しました。-ソーシャルディスタンスを保ちながら、オフィスで働く従業員のためのワークスペースを増やす必要がありました。チームを分割し、それに伴い、多くの社員が時々在宅勤務をしなければならなくなりました。その一方、従業員は次第にオフィスではなく別の場所で仕事をすることを好むようになってきました(これについては後述します)。

大規模でも従業員が少ないオフィスを持つ企業にとって、この状況は何を意味したのでしょうか。もちろん無駄な スペースが発生してしまいます。

このような状況が続くなか、成長するチームのための十分なスペースがない、といった大企業が常に直面している問題もありました。

オフィススペースを使用している企業は、長期のリース契約に縛られ、ダウンサイジングやアップグレードの際には追加料金が発生し、さらに多額の改装費がかかるため、必要なときにスケールアップできないのが現状です。

解決策:柔軟性のある費用対効果の高い不動産プラン-「コア&フレックス」モデルとも呼ばれています。

「コア&フレックス」とは、企業が長期的なオフィススペース(「コア」)と、別の場所にフレキシブルなワークスペース(「フレックス」)を確保するという考え方です。小さめのトラディショナルなオフィスやシェアオフィスを「本社」とすることで、「コア」としての役割を果たすことができます。コワーキングスペースのホットデスクや、共有エリアのプライベートキャビンをサテライトオフィスとして使えば、従業員がすぐに仕事に取り掛かることができる「フレックス」となり、全社の「コア」を補完できます。また、ミーティングルームや日常使用するオフィスアメニティから、厳選された幅広い専門的サービスなどのアメニティまで、コワーキングスペースが提供するので心配する必要がありません。

これにより、企業は大規模なオフィススペースにかかる費用を節約し、人材のニーズに合わせて不動産のサイズをより機動的に管理することができます。

プライバシーを守りつつ、ネットワーキングの機会が生まれる

従業員やマネージメントにとっても、マーケットの動向を把握するためにはネットワーキングが重要です。伝統的なオフィス環境では、同じ志を持つ 人とのつながりを築くことは難しいかもしれませんが、コワーキングスペースでは可能性が広がります。例えば、食堂などの共有スペースでの会話が、考えもしなかった深いビジネスパートナーシップにつながることもあるのです。

ホットデスクを利用する社員は、共有スペースでネットワーキングの機会を広げることができます。また、プライバシーが気になる場合は、共有スペース内にプライベートオフィスの設置をすることができます。

コワーキングプランにかかわらず、企業は業界関係者との定期的なネットワーキングセッションができるので、ブランドの露出度を高め、潜在的なリードを獲得しやすくなります。

従業員のモラルと生産性を向上

コロナ禍、シンガポールの人々は在宅勤務の制度に徐々に応じる姿が見られましたが、一部の人々には問題が生じました。その結果、シンガポール人の85%が勤務地を選ぶ際に何らかの柔軟性を求めていたことがわかり、現地の好みの変化を明らかにしました。

働きたい場所で働けるという選択肢があれば、従業員のモラルが保たれ、それが生産性の向上につながります。オフィスが忙しすぎる場合は、都市部や近隣のどこかに柔軟性のある安全なワークスペースがあることで、安心して仕事をこなすことができます。例えば、子供を学校に迎えに行く必要のある保護者などは、近くにホットデスクがあれば、通勤時間を大幅に短縮ですることができます。また、自宅で仕事をしていても、なかなか集中ができない、またはリフレッシュしたい場合は、コワーキングスペースですぐにでも作業に取り組めるデスクがあると問題が解決することでしょう。これらはすべて、24時間365日のアクセスとセキュリティを備えているので、他の場所で仕事をしようなんて考える必要はありません。

また、コワーキング環境は、オフィスで無意識に陥ってしまう集団思考から離れ、クリエイティブでコラボレーティブなワークスペースを社員に提供します。

オフィスでは無意識にとってしまう集団思考とは違ったところから、創造性のあふれる、なおかつ協力できる環境ををコワーキングスペースは提供します。既成概念にとらわれないアイデアを出し合い、仕事の質を高めることで、最終的には組織に利益をもたらすことができます。

コワーキングスペースは年々進化しています。現在は中小企業のワークスペースとしてだけではなく、エンタプライズレベルの組織にとっては、オフィスや労働力をよりよく管理するための実用的なソリューションとなっています。未来の仕事の仕方といえば、まさに、これです。

2021年のワークスペーストレンドトップ5

今、私たちの仕事の仕方が世界中で変化をしています。パンデミックの間、リモートワークは多くの組織にとって一時的な標準になりましたが、多くの人がこの体制のメリットを認識しています。 残されるのは、自主的 に変化を受け入れるかどうかの選択です。...

Read More

Coworking vs WFH: Why a hot desk is better for freelancers

One of the biggest perks freelancers enjoy is having the autonomy to choose where they can work. Amid the many options, working from home tend to be a popular choice for obvious reasons - it's more accessible, comfortable and less [...]...

Read More