Book A Tour
{:ja}是非お問い合わせください!{:}{:en}Get In Touch With Us Today!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}












{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


{:ja}内覧予約{:}{:en}Book A Tour!{:}

{:ja}内覧予約をする{:}{:en}Contact us to arrange a visit.{:}











{:ja}もしくは電話 +81 3 6453 0334{:}{:en}or call us at +81 3 6453 0344{:}


Community Stories

Coworking vs WFH: Why a hot desk is better for freelancers

One of the biggest perks freelancers enjoy is having the autonomy to choose where they can work. Amid the many options, working from home tend to be a popular choice for obvious reasons – it’s more accessible, comfortable and less costly.

Yet, this comes with some snags. Having a poor study set up or unstable internet connectivity, for instance, can make it difficult for some to work. Then there are distractions that hinder productivity (cue the TV, a cosy bed, your crying toddler or the adorable kitten snuggling between your legs each time you’re on a call). These point to a larger phenomenon – the blurring lines between work and home life. Since work and home are intertwined, especially when you perform work and household duties at the same time, it leads to – what we know today – the ‘WFH burnout’. While burnout can occur in a regular office environment too, the exhaustion caused by working from home is a combined consequence of attending to never-ending household needs and putting in longer work hours than you should because it is just so easy to lose track of time at home. There’s also the feeling of isolation being on your own, underpinned by the lack of camaraderie you would otherwise enjoy seated next to colleagues.

If you’re having gripes with your work from home arrangement, similar to those we’ve noted above, it’s probably time for a change. We reckon a coworking space will help. How so?

  1. You can draw a line between home and office

Since the blurred lines between work and home form the crux of many problems associated with such an environment, the first step you should take is to shift your workspace away. A library or café may be the next best option, but these come with a caveat – taking a wrong seat or not finding one at all.

Renting a hot desk at a coworking space solves the problem. The environment, which is essentially a co-sharing office space, guarantees a desk for you to work at. This helps you establish the boundaries of work. You have the space to solely focus on your tasks with a peace of mind, and then return home to pay full attention to your household needs.

  1. You will work alongside a community of like-minded individuals

Working in a co-sharing office space makes you part of a community of like-minded individuals who could be freelancers like yourself, owners and employees of new startups or independent entrepreneurs. You get the opportunity to mingle with them and share experiences, eventually making new relationships with people even as you work independently. This saves you from the isolation and loneliness felt while working on your own. When you get stuck or need some inspiration, strike a conversation with someone at a nearby hotdesk. Who knows, that might just land you your next big gig.

  1. You can secure yourself more prospects

There’s no better way for a freelancer to acquire leads than to make connections. A coworking space creates an environment for conversations and knowledge-sharing, geared towards creating opportunities for growth. While you can connect with people over video, calls or chats from home, mingling with groups of individuals, in the common areas or at community events you gain access to with a hot desk plan, lets you widen your network faster.

  1. You can establish your freelance career professionally

Maintaining a professional outlook is also essential for freelancers. When you book a hot desk at JustCo for instance, you get a business address to direct all work-related mails to, such as cheques or project documents. You may also print this address on your business card or add to your email signature so your prospects and clients know where they can speak with you in person – whether in our meeting rooms or cafés in the vicinity. Since most of our coworking spaces are located within or near the central business district, you also enjoy the benefits of working in the city and easily making your way to client meetings without travelling too far.
Coworking still provides you with the flexibility to choose your workspace
While working from home may appeal to some, especially those who are caregivers, a coworking plan will still prove beneficial. You can choose to come down once a month or just a few days in a week, that too at any time you want – all these while having full access to amenities and other hot desking benefits.

Working from home is not entirely bad – often, it can be a necessity. What can help improve the situation is having an alternative workspace and a community to tap on so you don’t miss out on what you need to take your freelance career to greater heights.

Why big corporations are moving to coworking spaces

{:ja} 「世界コワーキング・グロス・スタディ」 では、2024年までに世界のコワーキングセンターの数が40,000を超えると記載されています。現在、アジア太平洋地域は世界で最もシェア・ワークスペースが多く、平均収容人数は114人となっています。コワーキング施設の運営者にとってはもちろん有望な統計データですが、注目すべきなのは、テナントらのプロフィールの変化です。スタートアップ、起業家、フリーランサーはともかく、企業が流行に乗るというケースも増えてきています。JustCoシンガポールでは、企業からの柔軟性のあるワークスペース・ソリューションへの問い合わせが大幅に増加し、現在では顧客数の50%以上を占めています。 その変化の理由とは? より費用対効果の高い不動産ソリューション パンデミックの影響で、不動産業界は新たな課題に直面しました。-ソーシャルディスタンスを保ちながら、オフィスで働く従業員のためのワークスペースを増やす必要がありました。チームを分割し、それに伴い、多くの社員が時々在宅勤務をしなければならなくなりました。その一方、従業員は次第にオフィスではなく別の場所で仕事をすることを好むようになってきました(これについては後述します)。 大規模でも従業員が少ないオフィスを持つ企業にとって、この状況は何を意味したのでしょうか。もちろん無駄な スペースが発生してしまいます。 このような状況が続くなか、成長するチームのための十分なスペースがない、といった大企業が常に直面している問題もありました。 オフィススペースを使用している企業は、長期のリース契約に縛られ、ダウンサイジングやアップグレードの際には追加料金が発生し、さらに多額の改装費がかかるため、必要なときにスケールアップできないのが現状です。 解決策:柔軟性のある費用対効果の高い不動産プラン-「コア&フレックス」モデルとも呼ばれています。 「コア&フレックス」とは、企業が長期的なオフィススペース(「コア」)と、別の場所にフレキシブルなワークスペース(「フレックス」)を確保するという考え方です。小さめのトラディショナルなオフィスやシェアオフィスを「本社」とすることで、「コア」としての役割を果たすことができます。コワーキングスペースのホットデスクや、共有エリアのプライベートキャビンをサテライトオフィスとして使えば、従業員がすぐに仕事に取り掛かることができる「フレックス」となり、全社の「コア」を補完できます。また、ミーティングルームや日常使用するオフィスアメニティから、厳選された幅広い専門的サービスなどのアメニティまで、コワーキングスペースが提供するので心配する必要がありません。 これにより、企業は大規模なオフィススペースにかかる費用を節約し、人材のニーズに合わせて不動産のサイズをより機動的に管理することができます。 プライバシーを守りつつ、ネットワーキングの機会が生まれる 従業員やマネージメントにとっても、マーケットの動向を把握するためにはネットワーキングが重要です。伝統的なオフィス環境では、同じ志を持つ 人とのつながりを築くことは難しいかもしれませんが、コワーキングスペースでは可能性が広がります。例えば、食堂などの共有スペースでの会話が、考えもしなかった深いビジネスパートナーシップにつながることもあるのです。 ホットデスクを利用する社員は、共有スペースでネットワーキングの機会を広げることができます。また、プライバシーが気になる場合は、共有スペース内にプライベートオフィスの設置をすることができます。 コワーキングプランにかかわらず、企業は業界関係者との定期的なネットワーキングセッションができるので、ブランドの露出度を高め、潜在的なリードを獲得しやすくなります。 従業員のモラルと生産性を向上 コロナ禍、シンガポールの人々は在宅勤務の制度に徐々に応じる姿が見られましたが、一部の人々には問題が生じました。その結果、シンガポール人の85%が勤務地を選ぶ際に何らかの柔軟性を求めていたことがわかり、現地の好みの変化を明らかにしました。 働きたい場所で働けるという選択肢があれば、従業員のモラルが保たれ、それが生産性の向上につながります。オフィスが忙しすぎる場合は、都市部や近隣のどこかに柔軟性のある安全なワークスペースがあることで、安心して仕事をこなすことができます。例えば、子供を学校に迎えに行く必要のある保護者などは、近くにホットデスクがあれば、通勤時間を大幅に短縮ですることができます。また、自宅で仕事をしていても、なかなか集中ができない、またはリフレッシュしたい場合は、コワーキングスペースですぐにでも作業に取り組めるデスクがあると問題が解決することでしょう。これらはすべて、24時間365日のアクセスとセキュリティを備えているので、他の場所で仕事をしようなんて考える必要はありません。 また、コワーキング環境は、オフィスで無意識に陥ってしまう集団思考から離れ、クリエイティブでコラボレーティブなワークスペースを社員に提供します。 オフィスでは無意識にとってしまう集団思考とは違ったところから、創造性のあふれる、なおかつ協力できる環境ををコワーキングスペースは提供します。既成概念にとらわれないアイデアを出し合い、仕事の質を高めることで、最終的には組織に利益をもたらすことができます。 コワーキングスペースは年々進化しています。現在は中小企業のワークスペースとしてだけではなく、エンタプライズレベルの組織にとっては、オフィスや労働力をよりよく管理するための実用的なソリューションとなっています。未来の仕事の仕方といえば、まさに、これです。 {:}{:en} The Global Coworking Growth Study reported that the number of coworking centres worldwide is expected to surpass [...]...

Read More

Together through difficult times: Young inspiring entrepreneurs share tips on staying resilient in times of crisis

{:ja} (Clockwise from top-left): JustCo オーストラリアのローラ・ドーソン氏、Lucidの共同創業者:ハン・ジン氏、PopulixのCOO兼共同創業者:アイリーン・カムタウィジョウ氏、ニューカンパスの共同創業者兼CEO:ウィル・ファン氏、500 TukTuksのディレクター:パフラダ・サプラサート氏。  起業家というのは大変なもので、世界的な経済危機の中では、なおさら厳しいものでしょう。この数ヶ月間、多くの起業家、スタートアップ企業、大企業が、COVID-19の状況の中で、方向転換を行いながらも試練と戦ってきました。起業の道のりは、一人で歩くには困難な道ですが、起業家が集まり、課題を共有したり、アドバイスを求めたり、学びを共有したりする機会があれば、ビジネスの戦いの中で孤独を感じることは少なくなるでしょう。 刻々と変化するビジネス環境の中で、壁や障害に直面したとき、人はどのように対処するのでしょうか。JustCoの地域署名イベント「イン・コンバセーション・ウィズ・インスパイアリング・アントレプレナーズ」では、有名なForbes 30 Under30の起業家リストから4人の若い起業家とゲームチェンジャーと話をしました。JustCoのメンバーやパートナーとして、起業家としての道のりや、危機を乗り越えるためのリアルなケーススタディ、イノベーションへのアプローチなどを語り合いました。 挑戦することで、新たなチャンスが生まれる  危機は永遠に続くものではありません。一時的な状況で、起業家の回復力と「決して諦めない」精神を試すものでもあります。起業家にとって、災害や課題は変化と再生の機会であり、ビジネスの方向性を変えるだけでなく、解決策を示すための好機でもあります COVID-19はイノベーションの妨げになっているのか、それとも助けになっているのか?と質問をしたとき、ニューカンパスの共同設立者兼CEO、ウィルは、「変革のきっかけには、このような瞬間が大事だ」と答えました。今回のパンデミックで、我々は現在未開拓の新しい分野、つまりアービトラージ(裁定)が可能な分野に目を向けるようになりました。 イノベーションは小さな一歩から 今日、企業はイノベーションこそが成長と前進のための唯一の手段であると認識していますが、はたして、イノベーションとは一体何なのでしょうか? 「スタートアップでは、日々イノベーションを起こさなければ、消えてしまいます。日常的に何か新しいことにチャレンジしなければ、イノベーションを起こしていないことになり、会社を前進させることができません。これこそが、スタートアップ企業が生き残るために必要なことなのです」と、Lucidの共同創業者であるハン・ジンは強調しています。イノベーションは決して、大きな変化である必要はありません。誰かがチャンスを見つけて、それに反応することから始まります。最も重要なことは、センサーやモノのインターネットの世界に大きな影響を与えなければならないということです。センサーの世界とモノのインターネットに大きな影響を与える必要があるということが最も重要なことでしょう。難しいのは、それに気づかずに最初の一歩を踏み出してしまうことです。 「イノベーションの機会を見極めるためには、お客様の立場に立って考える必要があります。これは起業家としてのマインドセットです。常にイノベーションを起こすことで、私たちは改善し、成長し、前に進むことができるのです」と、PopulixのCOO兼共同創業者であるアイリーンは発言しました。 七転び八起き 起業家として成功するには、一朝一夕にはいかず、多くの時間と忍耐力、そして弾力性のある考え方が必要です。「起業は孤独な旅ですが、一人で歩む必要はありません。良いアドバイス、メンター、友人、家族に囲まれながら困難を乗り越えてください」と、ニューカンパス共同設立者兼CEOのウィルは言います。 チーム内の仲間意識や帰属意識を高めることで、孤独感を和らげることが重要です。全員が同じ目標や方向に向かって努力することで、この旅はより充実したものになります。 「自分を信じること。学び続けること。そして努力すること。 新しいスタートアップや起業家が成功するのを見るのは、私にとって非常にやりがいのあることで、これが私の原動力になっています」と500 TukTuksのディレクター、パフラダ・サプラサートは言います。 最後になりましたが、失敗を恐れてはいけません。本当の失敗とは、チャレンジを「やらない」ということです。起業とは、仕事を作るだけではなく、プロセスを作ることです。 風を操ることはできませんが、帆を張ることはできます。 あなたの仕事やビジネスをより良くしたいですか?こちらから無料トライアルにお申し込みいただき、アジア太平洋地域で成長を続けるコワーキング・コミュニティの一員として体験してください。 {:}{:en} (Clockwise from top-left): Laura Dawson from JustCo Australia, Han Jin, Co-founder of [...]...

Read More